P 臼杵春芳 017 菓子箱
5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11 5e9ff823bd21783c003c9d11

P 臼杵春芳 017 菓子箱

¥44,000 税込

送料についてはこちら

素材となる栃の木目が素晴らしく、一番美しく姿を残せる拭き漆、中は根来風の塗りで仕上げています。 讃岐80代のベテラン木地師・岩崎寿男さんが仕上げた木器に臼杵さんが漆塗りした作品。帽子を被った栗のような可愛らしい姿で、思わず蓋を開けたくなるとっておきの一品です。 主に国内で掻いた漆を使用し、調整剤など入れずにそのままの昔ながらの方法で塗っています。そのため、既製品のように綺麗にツルツルとした仕上がりではなく、漆がざらついていたり、縮んでいるような箇所も含まれる可能性があります。 *地の茶色い漆の色がうっすらと透けています。長年使ううちに、地の漆の色が出てくることがあります。漆の塗り直し、破損した場合の継ぎ直しのご相談もお受けしております。まずはメールやお電話等でご相談ください。(有料) *臼杵さんの漆について、詳しくはこちらをご覧ください。 http://kit-s.info/events/4381 w187mm x d185mm x h88mm 栃 / 漆 / 木器(岩崎寿男)、漆(臼杵春芳) 略歴) 臼杵春芳(USUKI Haruyoshi) 1954年香川生まれ。1977年に彫刻家新宮晋氏に師事。京都を拠点に建築家との共同作業で店舗や個人住宅の家具制作を行う。近年は工房を香川へ移し、漆の木の栽培をはじめ、漆掻き、木地師、塗師の一連の工程を一人で行っている。