P 水野悠祐006 餡べら
5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb 5ea969125157621b5ef250bb

P 水野悠祐006 餡べら

¥2,600 税込

送料についてはこちら

餡子(餡、餃子など)を包むためのへら。 1点1点手で仕上げているので個体差がございます。 ①②:w21~22mm(持ち手w4mm~8mm) x h197mm / 桜 / 漆 ③④:w21~22mm(持ち手w6mm~10mm) x h197mm / 桜 / 漆 ⑤:w21~22mm(持ち手w7mm~9mm) x h197mm / 桜 / 漆 しっかりとした手応えが欲しいと思う。と同時に軽さは必要。 水野悠祐さんの木のものは、そんな難しい要望に応えてくれる。何はともあれ、見れば分かる。芯が重くて、どこかしら力の抜けた軽さは気持ちが良い。 質量の大きさは体積に比例しない。 私にとっての軽さとは、風通しが良いということ。 略歴) 水野悠祐(みずのゆうすけ) 東京都出身。 大学で化学を専攻した後、岐阜の家具工場に勤務。 その後京都に移住し、大工、パン職人を経て自身の木工の仕事を模索する。 現在、宇治の山中にて木の器を中心に制作活動中。