P hou homespun ストール No.10
5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3 5fdb105adf515961294121d3

P hou homespun ストール No.10

¥33,000 税込

送料についてはこちら

幅狭のお部屋の中でSTAY WARM出来る最小にして最大限暖かいスカーフのような小判マフラー。とにかく首回りを小さくまとめたい、という形にはおすすめ。片端だけに少し北欧的幾何学チックなレッドラインあり。 *肌あたりは優しいのに、立体的に形を作りやすいのがホームスパンの良さでもあります。襟を作るようにふわっと巻いて下さい。 *ギュッと硬く絞るように結ぶと型がつきやすいです。短く巻きたい時は優しく結んで下さい。形が作り易いので簡単に固定されます。 *お洗濯について 1シーズンに1度程度のお洗濯で大丈夫です。 手洗いか、作家へのクリーニング依頼が可能です。マフラーサイズ500円〜、ストールサイズ1000円〜。ご依頼やお問い合わせはまずメールでご連絡下さい。 洗濯機でのお洗濯、一般的なクリーニングサービスのご利用は厳禁です。 詳しい説明書を同封の上お送りします。 190mm x 1400mm(フリンジ含む) 羊の品種:シェトランド、メリノ、ポロワース 染色:化学染料 ・・・ ホームスパンとhou homespunについて) hou homespunこと上杉浩子さんの展覧会はとりあえず毎年やる、というのが当店では珍しくルーティンになっている。その理由は圧倒的に数が作れないから。冬の暖かなものといえば、機械織りやニットの良品が巷に溢れているし、当店でも他の何かをご紹介することだってある。それでも、そこそこ良い洋服が買えそうな1枚、しかもホームスパン(羊の原毛を手紡ぎ、手織りすること)の布を少しだけでも紹介したいと思っている。 なんやかんやお互い10年ぐらいの変遷を辿ってきたが、その間に時代はどんどん便利に、更にスピーディーになった。そんな現代の恩恵を享受しつつも、私はそれに逆らうかのようなこの仕事にますます惹かれていっている。聞けば気の遠くなるような工程を経て糸を紡いだり、染めたりして織られるのだが、意外と織り立てホヤホヤはペラッとした布になる。それが縮絨(揉んだり踏んだり)すると絶妙なさじ加減でボンッと立ち上がるのだ。眠っていた羊が起き上がるみたいに。なんとファンタスティックなことでしょう。最初は少々ぎこちなかった羊使いも伸びやかに放牧するようになったようで、さまざまな品種の羊、カシミアや市販の紡績糸も1枚の中にかけ合わせて楽しんでいる。よく上杉さんが「この布は空気も一緒に織っている」という表現をしているが、そこには2度と戻ってこない時間というものも圧縮されているような気がしている。さぞかし不思議で楽しいだろうなあ...と羨しく思うけど、自分はせっかちなので出来なさそう。だからこそ、誰かがかけてくれる魔法は素敵だと思うのだ。